宅地建物取引・不動産・賃貸

スポンサーリンク
宅地建物取引・不動産・賃貸

以後の勧誘が禁止される「契約を締結しない旨の意思表示」とは?

このページでは、業者から商品(不動産も含む)やサービスなどの勧誘を受けた場合に、「結構です」とか「迷惑です」などと告知した場合、その意思表示は「契約を締結しない意思表示」と認められ、それ以後勧誘を行った業者に対して違法行為を理由として行政処分を求めることはできるか?という点について解説しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

業者名・担当者名・勧誘する旨を事前告知しない宅建業者は違法?

このページでは、宅建業者(不動産業者)が勧誘に先立って「商号又は名称」「勧誘を行う者の氏名」「勧誘をする目的である旨」の3つの事項を告知しなければならない場合の「勧誘に先立って」とは具体的にどの時点を指すのか、という点について解説しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

宅建業者の勧誘で禁止される”威迫”と一般的な脅迫の違い

このページでは、この宅建業者(不動産業者)が勧誘したり、契約の解除を妨げる手段として行うことが禁止される「威迫」とは、具体的にどのような行為を言うのかという点について解説しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

電話で投資用マンションを勧誘する宅建業者への正しい対処法

このページでは、突然電話を掛けてきて投資用マンションの購入を執拗に勧誘する悪質な宅建業者(不動産業者)にどのような対処をするべきか、という点について解説しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

悪質な宅建業者(不動産業者)に行政処分を与える方法

このページでは、悪質な宅建業者(不動産業者)に対して行政処分を与えたい場合、具体的にどのような方法があるか、という点について解説しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

不動産の購入をクーリングオフできない場合に契約を取消す方法

このページでは、訪問販売や電話勧誘販売で購入した不動産(土地・建物・投資用マンション等も含む)の契約をクーリングオフ(契約解除)できない場合にはどのような方法を用いて契約を取消すことができるのか、という点について解説しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

不動産(土地や建物)の売買契約をクーリングオフする方法

このページでは、土地や建物といった不動産をクーリングオフ(契約解除)する場合の具体的な要件や手順、その方法などについて解説しています。
スポンサーリンク