訪問販売・電話勧誘販売一覧

訪問販売等で禁止される「老人等の判断力不足に乗じて」の具体例

このページでは、訪問販売(キャッチセールス・アポイントメントセールス含む)や電話勧誘販売の業者の勧誘等に具体的にどのような言動があれば「老人その他の者の判断力不足に乗じて契約をさせた」と判断できるのか、という点について解説しています。

訪問販売等の業者の「迷惑を覚えさせる仕方」での勧誘の具体例

このページでは訪問販売や電話勧誘販売、キャッチセールスやアポイトメントセールスの業者から、具体的にどのような言動による勧誘(又はクーリングオフの妨害)を受けた場合に「迷惑を覚えさせる仕方」で勧誘(又はクーリングオフの妨害)を受けたとして行政処分を求めることができるのか、といった点について解説しています。

訪問販売等や電話勧誘で禁止される「威迫」の具体例

このページでは、訪問販売(キャッチセールスやアポイントメントセールスを含む)や電話勧誘販売などの業者がどのような言動をとると「威迫」「困惑」と判断されるのか、言い換えればどのよう言動で勧誘を行った業者が法律違反として行政処分の対象となるのか、という点について解説しています。

以後の勧誘が禁止される「契約を締結しない旨の意思表示」とは?

このページでは、業者から商品(不動産も含む)やサービスなどの勧誘を受けた場合に、「結構です」とか「迷惑です」などと告知した場合、その意思表示は「契約を締結しない意思表示」と認められ、それ以後勧誘を行った業者に対して違法行為を理由として行政処分を求めることはできるか?という点について解説しています。