スポンサーリンク
【書式例】行政機関への申出書

宅建業者の不実告知を理由に行政処分を求める際の申出書の記載例

このページでは、宅建業者(不動産業者)から不動産(土地・建物等)を購入した場合に、業者側の説明に不実告知(事実とは異なる説明)があったことを理由として、都道府県知事に違法行為の情報提供(告発・申告)を行う場合の申出書の記載例を公開しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

悪質な宅建業者(不動産業者)に行政処分を与える方法

このページでは、悪質な宅建業者(不動産業者)に対して行政処分を与えたい場合、具体的にどのような方法があるか、という点について解説しています。
消費者契約全般

”P〇〇ポ”に高額な解除料を請求された場合の対処法

このページでは、、80歳を超える一人暮らしの男性が「P〇〇ポ」という業者で毎月15,000円のサポート料の契約を結ばされ、その契約を解除したら契約解除料として10万円を支払わせられた、という事案について法律的にはどのように解釈できるのかという点について解説しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

不動産の購入をクーリングオフできない場合に契約を取消す方法

このページでは、訪問販売や電話勧誘販売で購入した不動産(土地・建物・投資用マンション等も含む)の契約をクーリングオフ(契約解除)できない場合にはどのような方法を用いて契約を取消すことができるのか、という点について解説しています。
【書式例】業者に対する通知書

不動産(土地・建物)のクーリングオフ通知書の記載例

このページでは、訪問販売や電話勧誘販売で土地や建物、マンション(投資用マンション含む)などを購入した場合に、その契約をクーリングオフ(契約解除)する場合の契約解除通知書の記載例(書き方、ひな型、書式)を公開しています。
宅地建物取引・不動産・賃貸

不動産(土地や建物)の売買契約をクーリングオフする方法

このページでは、土地や建物といった不動産をクーリングオフ(契約解除)する場合の具体的な要件や手順、その方法などについて解説しています。
訪問販売・電話勧誘販売

税抜きだと3,000円未満になる商品はクーリングオフできる?

このページでは、税抜きでは3,000円に満たないものの消費税を含めれば3,000円を超える価格の商品・権利・役務についてはクーリングオフの対象となるか、という点について解説しています。
訪問販売・電話勧誘販売

消耗品を使用後に契約を取消す場合、いくら支払う義務がある?

このページでは、一部を使用(消費)した消耗品の訪問販売契約を取り消す場合、業者に返還することが求められる「受けた利益」はどのように計算すれば良いか、という点について解説しています。
訪問販売・電話勧誘販売

消耗品を一部開封した場合、未使用部分はクーリングオフできる?

このページでは、訪問販売の契約でクーリングオフが制限されている消耗品を購入し、その消耗品の一部を使用してしまった場合に、使用していない部分はどの範囲でクーリングオフ(契約解除)することができるのか、という点について解説しています。
過量販売・次々商法

過量販売・次々商法を行った業者に行政処分を与える方法

このページでは、悪質な過量販売(次々商法)を行う業者に対し、特定商取引法第60条の規定に基づく主務大臣等への行政処分の申出制度の具体的な申出方法について解説しています。
スポンサーリンク